FXとは?

FX(※1)とは、分かりやすく言うと、異なる通貨(円とドルやポンドとドルなど)を交換する取引のことです。

取引業者に一定の金額を預けることで、自己資金以上の大きな取引を可能にすることです。

FXは「レバレッジ(※2)」を掛けることができる取引です。普通だとレバレッジをかけるためには、必要資金に対する金利(※3)がかかります。

しかし、FXは差額決済(※4)のみの取引なので金利のリスクがかからないという最大のメリットがあります。

※1FXは(Foreign Exchangeの略)で「通貨証拠金取引」や「外国為替保証金取引」とも言われています。

※2レバレッジとは、投資において信用取引や金融派生商品などを用いることにより、手持ちの資金よりも多い金額を動かすこと

※3金利とは、お金の貸し借りに対する資金の使用料のことです。

※4差額決済とは、「反対売買」をして差額のみを受け渡しする方法のことです。

FXのメリットとは?
①小額の資金で大きな取引ができる

②取引にかかる手数料が安い

③24時間取引することができる

④スワップ(※1)がもらえる

⑤円高(※2)でも円安(※3)でも利益を出すことが可能

⑥株式投資(※4)よりも簡単ですぐに始めることができる

⑦「買い=ロング(※5)」からはもちろん「売り=ショート(※6)」からでも取引を開始できる

⑧スワップポイント(※7)が他の金融商品よりも有利

※1スワップとは、各国の通貨間に発生する金利の差額を指します。金利差とも言います。

※2円高とは、為替市場の取引における円の価値の上昇のことです。

※3円安とは、為替市場の取引における円の価値の下降のことです。

※4「株式」とは、株式会社において株主であるという地位を示す有価証券のことであり、株式を購入した投資家はその企業の株主となり、様々な権利を持つことができます。

※5ロングとは、FXにおける「買い」の通貨のことです。

※6ショートとは、FXにおける「売り」の通貨のことです。

※7スワップポイントとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する、2通貨間の金利差調整分のことをいいます。

スワップポイントの高さはFX業者によって少々異なるので、口座を選ぶ際にはなるべく高額スワップ金利を提供しているFX業者を選ぶことをおすすめします。最近ではライブスター証券が豪ドル円など高金利の通貨ペアで常に高いスワップポイントを供給しています。取引ツールも使いやすく、投資情報も充実しているので、長期的な視野で通貨を保有したい方にとっては最適なFX口座だと言えるでしょう。
参考:FXスワップ比較ランキング | スワップ金利の高いFX業者で複利運用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です